HOME > 商品開発のうらがわ > 桐箱の工場視察に行ってきました(第二回)

商品開発のうらがわ

桐箱の工場視察に行ってきました(第二回)2015/12/08

こんにちは。スタッフの山口です。

 

すっかり小さなダンボールがお気に入りになった、ナナの写真が届きました♪

 

01

 

02

 

 

なんなんでしょうか、この表情。

……かわいいです。笑

 

 上からのぞくと、むちーっとダンボールに詰まっています。

 

 

\別にキツくないよ!/

 

03

 

 

商品をお客様へお送りする際、お客さまにレビューを書いていただく用のハガキも一緒にいれています。

実際に商品を手にしていただいて、お客さまの素直なご意見・ご感想がほしいなぁという思いからです。

 

一見まじめなハガキですが、記入欄の面には、ビーグラッドストア ネコの猫さんがゆるーく寝ています。

 

04

 

切手はお客様のほうで貼る必要はありませんので、そのままポストへご投函くださいね。

 

 

そして、ハガキはもちろん、メールやレビュー投稿ページから、商品のご感想をいただけるととってもうれしいです!

スタッフみんなで、うれしいね、とひとつひとつ読ませていただいています。

 

中でも、猫のひげケースは特にたくさんのご感想をいただきます。

 

名入れをされる方が多いので、おうちの猫さんの名前がはいって届くと感動が倍になるのでしょうか(*^^*)

実際に私も、実家の猫さんの名前をいれたひげケースが手元にきたときは、なんともいえぬ感動がありました…!

 

 14

 

 

そんな、みなさまに感動を届ける(!)、猫のひげケースの製作をお願いしている桐の工場へ、視察に行ってきました!

 

冬の時期は、毎年忙しいそうなのですが、その合間を縫って丁寧に案内していただきました。(ありがとうございます!)

 

 

猫のひげケース、実は製作がむずかしいんです!

 

桐の箱の主な用途は、着物を入れたり骨董品を入れたりと、大切なモノを保管すること。

保管するモノはさまざまですが、工場ではヒト用のモノを製作することがほとんどです。

 

サイズの小さい「猫のひげケース」は、製作する手順で桐が欠けてしまったりして、大きいサイズの箱を製作するよりも難しいそうです。

 

もちろん、欠けてしまったケースは不良品となってしまい、お客様にお届けするわけにはいきません。

 

工場のほうで不良品としてはじかれてしまった猫のひげケース。

 

05

 

身とフタの間に、隙間がでてしまっていますね…。

 

これは、大きい箱と同様に、四面をカットする作業をしていたときの不良例です。

 

 

四面をカットするって…?

nekohige

 

 上記のように、4回にわけて身とフタを切ることです。

 

猫のひげケースはサイズが小さいため、この作業をすると、端っこが欠けてしまうことが多いんだそう。

 

こういった不良を減らすために、職人の方から「こういう方法をとったほうがいいんじゃないか」「こうすると、キレイに作れる」など、いろいろとご提案いただいて、ベストな方法をとっています。

 

今回の場合、逆に、猫のひげケースの大きさだからできる、1回でカットする方法に切り替えていただくことになりました。

 

 

07

 

08

 

09

 

 

台が動き、キレイに1回でスパッと身とフタが割れる光景は、なんともあざやか。

 

動きがとってもなめらかで見惚れてしまいました…!

何度も何度も繰り返し行っていただきました笑

 

動画も撮らせていただきました~。

すみません、ちょっと指が映ってしまいました。

 

※音がでますので、注意してください。

 

 

 

この方法によって、工場で検品をする際に、不良品が劇的に減少したようです!

 

10

 

見慣れた猫のシルエットと「neko no hige」のレーザー彫刻をして、完成!

 

 

作業をされているデスクのそばには、私からの依頼にもとづいた製造書がありました。

 

11

 

注意事項など細かく記載してあり、製作するにあたり高い意識がうかがえます。

 

 

ほかにもこちらの工場にはお野菜おもちゃの専用ホルダーの製作もお願いしております。

 

12

 

カットする前は、なんだか不思議な形ですね!

これを半分にカットしたモノが、お野菜おもちゃに付属されています。

 

13

 

 

現在、 20個限定で、「Feat.サンタ」が現在発売中です♪

 

>猫専用お野菜おもちゃ feat.サンタ

>猫専用お野菜おもちゃ(通常)

 

 

今までもキレイな商品を製作していただいていましたが、さらに商品を良くすることを考えてくださっています。

 

商品をお客様のもとへお届けする私もとてもうれしいです!

自身をもって、毎回お届けしております。

 

いつもいつも、本当にありがとうございます!

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

-----

■関連リンク

>「商品開発のうらがわ」記事一覧

------

 

本日は、桐工場で見させていただいた商品をおすすめします!

 

>猫のひげケース(スタンダード)

>猫のひげケース(ロング)

>猫専用お野菜おもちゃ feat.サンタ

>猫専用お野菜おもちゃ(通常)

 

スタッフ 山口

このカテゴリの記事一覧